通信制高校

不登校からの進路選択④通信制高校とサポート校って何が違うの?

通信制のサポート校について調べてみました。サポート校とは、通信制高校と連携している「塾」みたいなようなもの。 全てを独学で進めていかなければならない「通信制高校」という仕組みを「学習」、「生活」、「精神面」で支えてくれるのが、「サポート校」の役割のようです。
通信制高校

不登校からの進路選択③:通信制高校のメリット

「通信制高校のメリットについて」考えてみました。①自分のペースで勉強ができる②高校卒業資格は、「全日制高校」と同じである③費用が安く抑えられる④アルバイトや仕事と両立できる等のメリットがあり、 「通信制高校」なら、不登校を経験した子ども達にも学びやすい環境が整っているように思えます。
通信制高校

不登校からの進路選択②:通信制高校のしくみをを知ろう

通信制高校には、3つのしくみがあります。①レポート、②スクーリング、③単位認定試験 全日制とは違ったしくみを持つため、戸惑うかもしれません。でも、「不登校」のお子さんには負担が少なく高校を卒業できるという点ではおすすめです!
通信制高校

不登校からの進路選択①:「通信制高校」「全日制高校」「定時制高校」 を比べてみた!

高校=全日制高校だけじゃないんですよ。通信制高校、全日制高校、定時制高校について比較してみました。 特に通信制高校は、自由度が高く、自分のペースで勉強しながら単位をとって、卒業できるというのが魅力なので、不登校気味の子どもの進学先におすすめですよ!
不登校の原因と回復への道のり

不登校の回復=「学校に戻ること」なの?

不登校の回復をテーマに考えてみました。回復の定義を「学校に戻ること」だけではなく、「自分が自分でいいと思えること」という風に考え、子どもが選んだ進路に進んだ方が、「以前への回復以上の回復」し、自分に合った道をみつけられるかも
中学生の不登校

不登校(引きこもり)とキレることって関係あるの?

「不登校(引きこもり)とキレるって関係あるの?」をテーマに考えてみました。基本的には関係なし。でも、ある状況ではキレてしまう事もあるようです。一番大事なのは「自分が自分でいられて、そうできる場所が保証されていること」のようです!
親の接し方

不登校の子どもが親にしてもらいたいこと

「不登校の子どもが親にしてもらいたいこと」を、元不登校のお子さんの記事をもとに考えてみました。 今までやっていた当たり前の事が、子どもを傷つけてしまうこともあります。でも、特別難しいことではなく、相手を尊重し、心配しすぎず、見守るという姿勢が大事ですね。
中学生の不登校

「学校行きたくない」という不登校の子どものこころ

不登校初期の子どものこころについて考えてみました。 不登校は突然なったのではなく、無理祖し続けて学校に行き、今まで精一杯頑張った結果が不登校。 子どもの状況を理解してあげることが不登校解決への道筋になるのではないでしょうか?
中学生の不登校

不登校気味の子どもが「人が怖い」どうしたらいい?

思春期の時期にある「人からどう見られているか?」という思いが強くなると、 「人が怖い」からはじまり、人が集まる「学校が怖い」という考えになっていくようです。 そんな時の子どもとの接し方について考えてみました。
中学生の不登校

不登校初期の「昼夜逆転」。「朝起きられない」はどうしたらいい?

『不登校初期の昼夜逆転、「朝起きられない」はどうしたらいい?』がテーマ。 学校での不安から夜更かしになり、朝起きられなくなっているのでは?朝は、時刻のみ伝えてあげればOK! 「きちんと朝起きる」というより、親子の信頼関係をきずくことが大事。
タイトルとURLをコピーしました