中学生の不登校

3分で分かる!中学生・高校生の不登校【まとめ】

どうして不登校になっちゃうの?(中学生・高校生の不登校まとめ)を考えてみました。不登校の理由で多いのは、①人間関係②学力不振③家庭の状況ですが、要因は一つだけではなく、絡み合っていることが多い。中学生・高校生の不登校に対する理解を深めるためのリンク集と今後の進路についても触れています。
未分類

不登校児のママさんとパパさんを応援するブログ

こんにちは!
アラフィフママブロガーのココロンです。

まだまだいろいろな事にチャレンジしたいアラフィフ世代の女性やママさん達と情報を共有したり、一緒にチャレンジする仲間とつながれたらいいなっと思っています。

これから始めたいこと
ブログ
副業
株式投資
不登校の子供さんやママさんの応援

こんなことをテーマにブログを書いていきたいと思います!

親の接し方

【子供に引きこもってほしくない方必見】不登校中期の中学生・高校生へ親の対応4つ

家ですごす時間が多くなった不登校の子供へ接し方について考えてみました。 引きこもりが中心の不登校生活の子どもへの接し方基本は4つ。✅強い登校刺激を与えない✅指示しない✅自己決定を尊重✅進学・復学の準備。親も子どもも辛い時期。もう少しで回復期がんばりましょう!
親の接し方

【中学生・高校生の不登校中期】「このままずーっと引きこもるかも」と不安な時に、親が知っておきたいこと4つ

子どもが不登校になり、家に引きこもることが多くなってくると、親は不安になります。この記事では、【中学生・高校生の不登校中期】「このままずーっと引きこもるかも」と不安な時に、親が知っておきたいことについて考えてみました。子供も親も辛い時期。頑張って乗り切りましょう!
親の接し方

【不登校の子の兄弟】「ずるい!僕も学校行きたくない」への親の接し方3つ

不登校の子の兄弟からの「お兄ちゃんはどうして学校行かないの?」という言葉。親としては、どうしていいか悩みます。実は「どうして僕のことかまってくれないの?」という思いの表れのようです。そんな思いへの親の対応を一緒に考えてみましょう!
中学生の不登校

【経験談あり】どうして進学校の中学生・高校生が不登校になるの?その原因と対応

進学校の不登校について考えてみます。過酷な受験を制してやっとの思いで入学したのにどうして不登校になってしまったんだろう?そんな疑問を持ってしまいます。でも進学校はその波に乗り切れなかった時、不登校に陥りやすい環境にあるようです。その原因と対応の仕方について考えてみました。
不登校の原因と回復への道のり

【思春期と不登校】中学生・高校生で「学校行きたくない子」が増える理由2つ

思春期の子どもの特徴についてまとめてみました。

思春期は、大人へ変わっていく途中の時期。不安や衝動、同性友達との関係性の重視し、親から距離をおく時期。自分について考え、行動する中で挫折を味わうことも・・。そんなユラユラ揺れ動く不安定な時期なんです。

不登校の原因と回復への道のり

「手のかからない良い子」が、中学生・高校生で不登校におちいる理由は○○

「学校に行きたくない」という子どもたちとその親御さんの気持ちに寄り添うブログを書いている「ココロン」って言います。 ブログを見に来てくれてありがとうございます💖 Twitter(ココロンママの「学校行きたくない」想い...
中学生の不登校

【不登校初期】「学校に行きたくない」は、甘えじゃない理由とその心理&親の接し方

「学校に行きたくない」と訴える子どもに対して、「甘えてるだけ」「怠けてるだけ」と考えてしまいます。この記事では、「学校行きたくない」が甘えではない理由と不登校初期の親の接し方についてご紹介いたします。参考にしていただければ幸いです。
親の接し方

【人間関係で学校に行きたくない】子どもの心をケアする親の接し方4つ

学校に行きたくない原因として「友人関係」は、大きな割合を占めています。学校に行っても友だちと合わなくて「なんだか居場所がないと感じてしまう」そんな悩みを抱えている子どもに、親はどう接してあげればよいのでしょうか?子どもの心をケアする4つの接し方を提案してみます。参考にしていただければありがたいです。
中学生の不登校

「今の友達ムリ、教室に居場所がない」と感じる時どうする?【人間関係で学校に行きたくない君】に伝えたいこと4つ

学校に行っても「気の合う友だちがいなくてなんだか居場所がない」、「友達といても疲れてしまう」そんな風に思うことはありませんか?とてもつらい悩みですよね。【人間関係で学校に行きたくない】という子ども達がちょっぴり気が楽になるような考え方を提案してみました。
不登校生の勉強法

【文科省認定】不登校中の勉強を出席扱いにする2つの方法!

「不登校中の勉強を出席扱いにできる」文部科公認の制度があります。意外と知られていないこの制度をご紹介いたします。お子様の学校復帰や進路選択に少しでも有利になるように、制度を活用できるといいですね!
タイトルとURLをコピーしました