【重要】中学生・高校生の不登校 初期の接し方「家を居場所にしてあげよう!」

親の接し方
画像引用:PIXABAY

こんにちは!
不登校のお子さんをもつ親御さんにむけて、ブログを書いている「ココロン」です。

この記事では、

悩む保護者
悩む保護者

子どもが不登校になってどう接していいか分からない

という方のために、


不登校初期の子どもとの接し方「家を居場所にする」について考えていきます。



でも、

悩む保護者
悩む保護者

家の居心地がよくなってしまったら
学校に行かなくなっちゃうんじゃない?

とも思ってしまいますよね。


いえいえ、そんなことはないんですよ。
不登校の解決には、家を居場所にすることが重要なんです!



高校生の不登校初期の対応の仕方については、こちら。

【親必見】高校生の不登校、初期対応が大事な3つの理由
高校生で不登校になった時に3つの問題になることとその対応について考えてみました。 ①学習の遅れ ②欠席日数の問題 ③中退の現実 問題には直面するかもしれませんが、確認したり、準備することで不安を和らげることができますヨ。

高校生の不登校についてのまとめ記事については、こちら。

3分で分かる!中学生・高校生の不登校【まとめ】
どうして不登校になっちゃうの?(中学生・高校生の不登校まとめ)を考えてみました。不登校の理由で多いのは、①人間関係②学力不振③家庭の状況ですが、要因は一つだけではなく、絡み合っていることが多い。中学生・高校生の不登校に対する理解を深めるためのリンク集と今後の進路についても触れています。

高校生の不登校 親の接し方の基本については、こちら。

【中学生・高校生の不登校の親の接し方】基本3つの接し方が不登校解決への近道!
「不登校の親の接し方の基本3つ」 ✅受け入れる、共感する ✅批判しない、指示しない、要請しない ✅信じて、任せて、待つ その考え方と関連記事リンク集。「子どもが不登校になってどう接していいか分からない」という方に是非読んでいただきたいな~

中学生・高校生の不登校初期 「家を居場所にする」ってどういうこと?

女子
画像引用:UNSPLASH



子どもが不登校気味になる初期の段階で、
親は、何が起こっているのかが分からず
とにかく、学校に行かせることを考えがちです。

悩む保護者
悩む保護者

学校に行かないで、この先どうするの?
明日は、必ず学校に行くのよ!

ついつい、こんな事を言ってしまいがちです。


でも、学校で耐え難い困難にあい、
重い苦しみを抱えて
どうにもこうにも行かなくなった子供たちが

家にいることで心の安全を確保しているとしたら・・・
と考えるとどうでしょう?


ココロン
「家を居場所に!」 画像引用:いらすとや

「安全」なところにいるから、活動するためのパワーを貯めることができます
「安全」な人たちといるから、傷ついた心を癒すことができます。
「安全」と感じることができるから、安心して次へのステップをあゆむことができるのです。

「家を居場所にする」ことは、不登校を改善するためのファーストステップ!

ぜひ今日から「家を居場所に!」してみませんか?

中学生・高校生の不登校 家を居場所にするメリット

家族団らん
画像引用:UNSPLASH


不登校の子どもにとって、
家を居場所にしてあげると、どんないいことがあるのでしょうか?

不登校の子どもに、家を居場所にするメリット

・家族と話をして、コミュニケーションがとれる
・家族との信頼関係を築ける
・話すことで心の整理ができる
・元気になる
・「こんな自分でいい」と自信が持てる
・「こんなことやってみたい」と意欲がわいてくる


「大丈夫」という感覚は、基本的な信頼関係
とも言われています。

不登校の初期こそ、
「大丈夫」の感覚(家を居場所に)を大切にして、
親子の信頼関係を構築することが、
次への一歩を踏み出せる土台になるのです。

中学生・高校生の不登校初期、家の居心地が悪くて居場所がなくなるとどうなるの?

「家の居心地の良さが重要」ってことは分かっても、
こんな心配もでてきます。

悩むママさん
悩むママさん

家の居心地が良くなってしまうと、
子どもは学校に行きたがらなくなっちゃうんじゃない?

そうですよね。

やっぱり、学校に行ってほしいですよね。



でも、不登校の子どもにとって、
「家の居心地が悪い」ということは、
不登校の状態を長期化させることにつながってしまいます。

画像引用:いらすとや

家の居心地が悪く、居場所がなくなってしまった場合の子どもの様子と気持ち

・家族を避ける
・自分の部屋に閉じこもる
・家族との会話がなくなる
・家に居ることが安心できない
・子どもの心がさらに傷つく
・子どもとの信頼関係を損なう
・家出したくなる
・消えたいと思うようになる

不登校問題に長年取り組んでいいらっしゃる先生は、
こんな風におっしゃっています。

「家が居ごこちが良いと、子どもは学校に行きたがらなくなる」
という人もいますが、

もし学校のみならず、家まで居ごこちが悪くなるならば、
居間にいることも苦しくなり、

家族の目を避けて部屋に閉じこもる、

あるいは家出する、消えたい、という方向に進む例も起こるのです

「不登校、ひきこもりと向き合う」 不登校を考える東葛の会「ひだまり」小冊子 p11

ココロン
ココロン

子どもにが元気を取り戻し、
不登校の壁を乗り越えるためには、
「家の居心地の良さ」が必要なんですね!

中学生・高校生の不登校初期 子どもとの接し方

家族の会話
画像引用:UNSPLASH

「結局どんなふうに接したらいいの?」ということですが、

不登校初期のお子さんとの接し方をまとめてみました。

不登校の子どもとの接し方の良い例

・「心配していること」を自然な態度であらわしたり伝えたりする

・子どもの体に対する気遣いをしてあげる

・親で力になれることがあるなら、いつでも力になるよということを伝える

・学校で何かあったことを話してくれても、
解決の為に親は勝手に動かないよと伝える

・「子どもの気持ちを第一に考えて、
あなたの気持ちに添って動くよ」と伝える

・親は子どもが望む情報を集めて提供する

・親に対する信頼感が持て、
自然に気持ちや自我らが話せるような雰囲気を作る
 

ひきこもり/不登校の処方箋―心のカギを開くヒントより引用

会話の例として、

ママさん
ママさん

○○ちゃん、どう疲れとれた?

最近食欲ないね。

食べられるものがあったら買ってきてあげるから、言ってごらん。

体力落ちちゃうから、何でも食べてね。

ママさん
ママさん

何か心配事でもあるの?

お母さんで力になれることがあったら言ってね

ママさん
ママさん

○○ちゃん、

お母さんは学校に行けないことや朝起きられないことよりも
あなたの心や体が心配なの

いつでもお母さんは○○ちゃんの見方だよ。

つらいことでも、不安なことでも
なんでもいいから言ってね。



不登校の子どもとの接し方のダメな例

・子どもが話したがらないのに、根ほり、葉ほり聞く

・話さない子どもを責めて追い詰める

・親の推測で「解決の為に」と先生等に働きかけを行う

・「だらしない子」、「怠けもの」、「情けない子」
のようなレッテルを親の決めつけで貼る

・暴力による聞き出し、暴力や脅しによる登校刺激

・金品を与えて話を聞きだす。
また、「頑張れば」好きなものを買ってあげるよという

ひきこもり/不登校の処方箋―心のカギを開くヒントより引用

会話例

怒るママさん
怒るママさん

ねえ、何で学校行かないの?

いつまでも休んでいたら勉強遅れちゃうでしょ!

怒るママさん
怒るママさん

いつまでも起きてこないで、ダラダラしてるんじゃないの!

学校でちょっと嫌なことがあるくらいで休んでいたら

社会人になった時、生きていけないよ!

甘ったれてるんじゃないよ!

子どもが学校に行かない、焦りと不安で
NGな会話をしていたような気がします💦



親の不安は子どもにも伝わります。

まとめ

不登校初期の子どもとの接し方「家を居場所に」をテーマに考えてみました。

親はとにかく学校に行ってほしいという気持ちと不安と焦りで、
子どもが学校に行かない理由を問いただしたり、
学校に行かないことについて追い詰めてしまいがちです。

「家にいてもいいんだよ」という安心感があるこそ、
不登校を解決する次への一歩につながります。

ココロン
ココロン

親子の信頼関係を構築するために、
子どもにとって、家は居心地の良い場所にしていきましょう♪





高校生で不登校になった子どものうち
5人に1人は、今までの学校とは違う道を歩む・・中途退学していきます。

不登校の解決は元の学校に戻るだけではありません。

ココロン
ココロン

「子どもが次への一歩を踏み出したい」という時に
親がすぐに情報を与えてあげられるということが大事!

資料だけでも手元に置いておくのもいいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました