新着記事

親の接し方

【子供に引きこもってほしくない方必見】不登校中期の中学生・高校生へ親の対応4つ

家ですごす時間が多くなった不登校の子供へ接し方について考えてみました。 引きこもりが中心の不登校生活の子どもへの接し方基本は4つ。✅強い登校刺激を与えない✅指示しない✅自己決定を尊重✅進学・復学の準備。親も子どもも辛い時期。もう少しで回復期がんばりましょう!
親の接し方

【中学生・高校生の不登校中期】「このままずーっと引きこもるかも」と不安な時に、親が知っておきたいこと4つ

子どもが不登校になり、家に引きこもることが多くなってくると、親は不安になります。この記事では、【中学生・高校生の不登校中期】「このままずーっと引きこもるかも」と不安な時に、親が知っておきたいことについて考えてみました。子供も親も辛い時期。頑張って乗り切りましょう!
親の接し方

【不登校の子の兄弟】「ずるい!僕も学校行きたくない」への親の接し方3つ

不登校の子の兄弟からの「お兄ちゃんはどうして学校行かないの?」という言葉。親としては、どうしていいか悩みます。実は「どうして僕のことかまってくれないの?」という思いの表れのようです。そんな思いへの親の対応を一緒に考えてみましょう!
中学生の不登校

【経験談あり】どうして進学校の中学生・高校生が不登校になるの?その原因と対応

進学校の不登校について考えてみます。過酷な受験を制してやっとの思いで入学したのにどうして不登校になってしまったんだろう?そんな疑問を持ってしまいます。でも進学校はその波に乗り切れなかった時、不登校に陥りやすい環境にあるようです。その原因と対応の仕方について考えてみました。

通信制高校

通信制高校

【こんなに違う!】通信制高校の学費「公立と私立」

公立の通信制高校と私立の通信制高校の学費を比べてみました。 ✅公立の通信制高校は、年間2万円台でも通うことができる。 ✅私立の通信制高校は、学費は高くなりますが、生徒の「学習」、「生活」、「精神面」を支えてくれるので挫折することなく通うことができる
通信制高校

【ママ&パパ必読!】通信制高校の学費ってどれくらいかかるの?

通信制高校の学費について調べてみました。 ✅学費を安く抑えたいのであれば➡公立の通信制高校</p> ✅学習、生活、精神面でのサポートもあった方が良いのであれば➡私立の通信制高校+サポート校 その他、学費を抑える方法についてもお伝えしています。
通信制高校

【よくわかる】通信制高校の単位制度はのメリット・デメリット

通信制高校の単位制のメリット・デメリットについて。 メリットは、・自分の関心に応じた学習ができる・学年の区分がなく自分のペースで学習できる デメリットは、・学習ペースを自分で考える・友達が作りにくい 単位制のデメリットを補うためにサポート校を活用するのがおすすめ!
通信制高校

【通信制高校】の入学条件(年齢・学区・転入・編入)まるわかり!

通信制高校の入学条件に付いて確認してみましょう。今の高校に通った状態で移れるの?中退したけど大丈夫?年齢制限は?学区制ってあるの?そんな疑問にお答えします!
タイトルとURLをコピーしました